FC2ブログ
06 月<< 2013年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
MOKUBAの会の皆様

今週の例会は、仕事で出席出来ませんが、発電屋台構想についても、
是非忌憚のない御意見を交わして頂き実りある屋台構想をお示し下さいますよう、
お願い申し上げます。

バイオライトで発電中

ところで、ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非下記について、ご教示願います。
木質バイオマス燃料を燃焼させて直流で電気を起こし、電磁機器を充電する際に、
電圧を安定的に確保し充電をスムーズに行う方法です。
例えば、発電屋台などで木質バイオマスを燃焼しながら直流から電気を充電する際に、
電圧が一定でないと、満充電するまでにかなりの時間が掛かることが予想されます。

モバイル性を確保して携帯型を維持しながら電圧を一定に変圧する仕組みはないものなのでしょうか?
例えば、充電器に一旦補給してから使うのも方法だと思いますが、容量が大きくなれば、充電器も大容量となります。その為には充電器も重くならざるを得ないかも知りませんが、
大きい容量ではなければ、直流を確保しながら充電器に貯めずにそのまま電子機器を充電出来、なおかつ可変する電圧をある程度一定に保ちながら、直流から充電をしてなおかつ充電時間を縮める為に電圧を保ててモバイル性も確保出来る可変器を間に挟む方法等はないのでしょうか?
そもそもの仕組みが良くわかっていないものですから、難しいことなのかもしれませんが、
何か良い知恵がありましたら、是非ご教示下さい。

なお、前回のMOKUBAの会で燃やしましたバイオライト社のキャンプストーブには、
ホームストーブという家庭用の(アウトドアでない)ストーブがあるようですが、
まだ日本では発売されていないようです。
このホームストーブが、どれだけの発電容量があるのか判りませんが、発売されれば、
発電屋台にも十分使えそうですね。
http://www.biolitestove.com/
スポンサーサイト
こんばんは、ブログ隊長Sorattaです。

これまた遅ればせながら、30日の発電屋台検討会についてご報告
です!

この日は昼間はそこそこ晴れまして、なんとかTLUDを作って
点火、バウルーを焼く、というところまでできました。
ホストのSorattaの手が回らず、ぐだぐだなところもありましたけれど
(涙)とりあえず無事終了いたしました。

感謝です。

P1020112.jpg
↑Soratta家にて
こんばんは、ブログ隊長Sorattaです~

遅ればせながら先月末の定例会のご報告をいたします。


日時:2013年6月27日(木)19:00-21:00
場所:松本市民活動サポートセンター
参加者:9名

内容:
1)自己紹介
 今回はインターンでいらっしゃった溝口さんが初参加ということで
 おのおの自己紹介をしていただきました。

2)活動報告
 藤森リーダーから四賀林研グループの「緑の募金事業実績報告書」の
 紹介がありました。
 これは四賀地区の松茸山の間伐、炭撒き、セミナーを実施したもので
 昨年9月にMOKUBAの会のメンバーも参加しました。
 無事終了とのことです。

3)松本市建設業協会との取り組みについて
 藤森リーダーが所属する協会で自然エネルギーに興味がもたれていて、
 イベントを一緒にできないか計画中との事。
 この協会のメンバーには大きな倉庫などを保持している方もいらっしゃり、
 太陽光パネルの設置なども検討されているとのこと。
 今後どのように協力していけるか考えていきます。

4)30日の発電屋台検討会について
 参加者を確認 電車3名、車5台
 電車が10時17分着とのことで麻績村役場に10時半集合で決定
 TLUDについては8人分を準備する

5)次回定例会
 
 7月25日(木)19時~21時
 松本市民活動サポートセンター 会議室


以上
  • このエントリーのカテゴリ : 月例会
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR